加齢 薄毛 女性

女性でも加齢で薄毛になるの?

AGA等、男性型の薄毛はよくテレビで特集されていたり
普段の外出先でも見ることがあります。

 

 

ただ、女性の薄毛というのはやはり男性の薄毛とは違い
コンプレックスに思う人が多いため
ウイッグを使っていたり、どこでも帽子をかぶっていたりと
人目に合わない工夫で、みんさん隠されている人が多いようです。

 

 

このような理由から女性には加齢による薄毛はないと考えている人も多いですし
実際に薄毛になり始めると
私だけなんでこんな目に合わなければならないのか?
このように考えてストレスを溜め込み、更に悪化という悪循環に陥りがちです。

女性の薄毛の原因って?

女性の薄毛の原因は2つあると考えられています。

 

 

一つは、男性でも女性でも人間はみんな同じですが
細胞が60兆以上もの数あると言われていて
その細胞たちが、細胞分裂を繰り返して形成されています。

 

 

もちろん年齢とともにこの細胞分裂も劣化することによって
当然、髪の毛を生成する毛母細胞も劣化します。
これにより、髪の毛が細くなり徐々に少なくなってくるのです。

 

 

そして、もう一つはホルモンに関係しています。
男性ホルモンのアンドロゲン
女性のホルモンのエストロゲンの存在です。

 

 

年齢を重ねるごとに女性ホルモンのエストロゲンが減少し
男性ホルモンのアンドロゲンが増加します。

 

 

このホルモンの働きですが
アンドロゲンは髪の毛の毛周期という髪の毛生成のサイクルで
髪の毛の成長する時期が短縮し、抜けてしまう時期が長くなります。

 

 

女性ホルモンのエストロゲンの働きがこの逆となっていることを考えれば
加齢による女性の薄毛も納得できると思います。

女性の加齢による薄毛を改善するには

上記にあるように原因が2つあるので
そのどちらにも対応する必要があります。

 

 

加齢により細胞の活動が衰えてきているということは
その細胞活動を活性化させてあげる必要があります。

 

 

日頃行う化粧水などなど顔には、そう言ったところを気にして
お手入れをしている方が多くいるのですが
まさか、自分が薄毛になるなんて思ってもないという人が多いので
頭皮を活性化させてあげることについては、どうして良いのかわからないという人が多いようです。

 

 

顔のお手入れと同じで
気にすることは、頭皮の血行を良くして栄養分を多く頭皮に運んであげること
そして、もちろん保湿も必要ですね。

 

 

頭皮に脂分が多い場合には、保湿は必要ないと考える人もいますが
実際に脂分が多いということは、頭皮の乾燥が原因である場合も多くあります。
乾燥した頭皮を潤すために、脂分が増えるということですね。

 

 

つまり頭皮の血行促進と保湿です。
これには炭酸育毛剤を使うと良いと言われています。
炭酸は、頭皮の血行を良くして、さらにパチパチ泡が弾けるので
それが頭皮マッサージの代わりになるからのようです。

 

 

次に女性ホルモンであるエストロゲンを増やす工夫
これは、エストロゲンとよく似ている成分として大豆製品に多く含まれる
大豆イソフラボンが良いと言われています。

 

 

大豆製品を、できるだけ毎日摂取するように心がけることで
こちらにおいても対策可能です。

 

 

色々書くと逆にわかりにくくなるため箇条書きでまとめます。
女性の加齢による薄毛対策
●頭皮の血行促進を促し頭皮を活性化させる
●保湿をして頭皮の潤いを保つ
●大豆食品を摂取し大豆イソフラボンにより女性ホルモン対策をする

 

 

これらを意識して加齢による女性の薄毛を対策しましょう。