50代 女性 薄毛対策

50代の女性の薄毛の原因

女性の薄毛には、いくつかの原因があります。
もっとも重要な薄毛の原因は、たった2つです。
一つは、女性ホルモンの影響によるもの
もう一つは、頭皮の細胞も老化するため働きが悪くなること

 

 

この2つのことが原因にもかかわらず
女性ホルモンばかり意識した対策のみであったり
育毛剤で頭皮を若返らせることのみの対策であったり
どちらかが欠けているため結局改善できないという例が多くあります。

 

 

女性ホルモンについてですが
こちらは、更年期障害という病気としても有名ですし
女性器や子宮や卵巣系の病気などによって女性ホルモンが減少するため薄毛が進行します。

 

 

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛の成長を長くして丈夫な髪をつくる役割もあるため
減少することにより、髪の毛を成長させきれずに抜け落ちる髪が増えてくるという悪循環になります。

 

 

頭皮の細胞の老化について
頭皮の細胞にかぎらず、いたるところの皮膚も当然老化していますから
若く保ちたいとは思うものの自然の摂理に逆らうことって、やはり難しいですよね。

 

 

手にはハンドクリーム
体には、保湿のための保湿剤
顔には化粧水
このように、どこの場所であってもお手入れすることで
ある程度の老化は防ぐことが出来ますし回復させることも可能です。

 

 

あなたのお母さんは、どちらかだけの対策になっていませんか?

 

 

女性ホルモンについての対策だけであったり
頭皮の老化に対する対策だけになっていたり・・・
これが、50代の女性の薄毛対策で失敗する原因です。

50代女性の薄毛対策

原因がわかっているから解決させることが出来ます。
そして、50代女性の薄毛の原因は上記の通りです。

 

 

女性ホルモン減少に対する対策では
まず、大豆イソフラボンに注目して下さい。
大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造
そして、働きもエストロゲンに似た働きをします。

 

 

つまりエストロゲンが減少してしまったところを
大豆イソフラボンで補ってあげることが対策となります。

 

 

そして、頭皮の老化に対する対策では、炭酸育毛剤がオススメです。
手や体、そして顔など、老化を防ぐためには
保湿や血行促進により栄養をその場所に運んであげる対策が重要です。

 

 

多くの育毛剤は、血行促進できるものがほとんど
もちろん、保湿対策についても市販の育毛剤のほとんどが対応されています。
注目は、炭酸による細胞活性化、これがとても重要です。

 

 

片方だけに偏った育毛対策ではなく
2つのことを同時に対策することで50代の薄毛でも、きっと改善させることが出来ます。